チーノはちのへ(旧 イトーヨーカドー八戸店)八戸市中心街の商業施設

チーノはちのへとは、八戸市十三日町にあるヨーカドーの抜け殻商業施設。

チーノはちのへ
cino HACHINOHE
店舗外観
店舗外観 (2016年10月撮影)
店舗概要
所在地 031-0042
青森県八戸市十三日町16
開業・閉業日 イトーヨーカドー八戸店として
1980年4月19日 - 2003年2月23日
チーノはちのへとして
2003年9月12日 - 営業中
施設名称 チーノはちのへ
施設所有者 八戸スカイビル株式会社
中核店舗 フォーラム八戸(映画館)
売場面積 約10873 m2
駐車場 直営なし(廃止)、提携駐車場3か所
前身 イトーヨーカドー八戸店(店番096?)
最寄駅
バス停
本八戸駅
十三日町バス停
外部リンク http://www.cino-hachinohe.jp/
メニュー
  • 生成中…(JavaScriptが無効の場合は表示されません)

概要

八戸市中心街・十三日町にそびえたつ東北のピエリ守山商業施設。

でっかくオープン

1980年4月19日にイトーヨーカ堂94番目の店舗イトーヨーカドー八戸店(店番096?)として開業する。
百貨店や長崎屋、緑屋(セゾン)ニチイ(マイカル)などのライバル店と激しい接戦を繰り広げる。

商圏は郊外へシフト

順風満帆にも見えるイトーヨーカドー八戸店だったが、ラピア(1990年開業)、ピアドゥ(1998年開業)、イオン下田ショッピングセンター(1995年開業)の出現により中心街全体が霞み、ヨーカ堂もこの落ち込みには勝てず2003年2月23日、八戸の悪性腫瘍のみなさまに惜しまれながら閉店。ついでにスカイビルも閉鎖。

Make スカイビル Great Again

ヨーカドーが抜けた後のただの乾いたスポンジスカイビルは、いろいろあって運よく映画館の誘致に成功し2003年9月12日、チーノはちのへと名前を変えて第2の人生を歩み始める。

[!] この画像を表示するには、コンテンツブロッキングを無効にするか、ここをクリックしてください。
ここは確かにイトーヨーカドーだった (@yuiata23 様)
[!] この画像を表示するには、コンテンツブロッキングを無効にするか、ここをクリックしてください。
貴重なIY時代の写真です (広報室長 様)

自力更生失敗

しばらくは新規テナントの増加傾向も見られたが、そこはやはりヨーカドーが捨てた立地。徐々に活力を失ってゆく(ヨーカドー跡地って八戸に限らず大体ダメになってる感)。
2006年7月、開業からわずか3年でリニューアル。もう嫌な予感しかしない。
新テナントを入居させ、オンボロビルに明るいオレンジの厚化粧を施し、過去の栄光を取り戻そうとする。

三日町のRec.(旧緑屋)閉店に伴い一部テナントがチーノへ移転してくるも尚、活気は戻らず。
年を追うごとにテナントがじわじわと閉店・移転・倒産。
1階スーパードラッグアサヒ(閉店)、4Fダイソー(閉店)、地階・4Fドンドンダウン/ニコカウ・サンコメタダ(閉店)、1階スーツセレクト(2019年閉店)、1階イタリアントマト(2020年閉店)、4Fアニメイト(2020年移転)、3Fマルマツ(2019年倒産)、地階・4Fニトリ(2017年移転 当初から期間限定の出店)、6FキラキラAsobox(2020年倒産、これに限っては全くのとばっちり閉店である)。
屋上にあったはずの釣堀も、いつの間にか無くなっている。

公式サイトのお知らせを見ると、2015年度からいきなり過疎っている(活気の無さをなんとかごまかせる体力すらなくなった)ことが分かる。
2016年12月時点ではまだ「ファッションビル」といえる状態だったが、現在はただの雑居ビル。
7Fはかつてヤフーのオフィスがあったが、三日町の江陽閣ビルへ移転。
シャッターで閉ざされていた地下と4階ダイソーの抜け殻にニトリがやってきてからは、若干ビル内の空気が明るくなったように思う。しかしニトリは沼館に帰った。
地下は一時期、個人商店が入っていたそうだが、ああいうのは目に付くところにあるから気軽に立ち寄れるのであって、わざわざ地下に潜ってまで行く店ではない。と思ったらいつの間にかいなくなってる。
抜け殻は所詮抜け殻でしかない。

現在、そして未来

1階・2階はファッションフロア。4階はダンス教室が2つ。
5階が映画館(核テナント)、6階は飲食店2店とゲームセンター。
7階は元からオフィスフロアにつき一般開放は無し。地元企業ノーザンライツ株式会社が入居。

1階は土日祝、2階は月火曜が定休日。地階、3階、屋上が閉鎖。

もし映画館が死んだら、チーノも死ぬ。
チーノの死後、さくら野百貨店石巻店みたいにいい感じの引き取り手が見つかってくれればいいが。こんな身も心もオンボロで半端な大きさのビルでは無理だろう。

みなさまのツイート

レビュー

ヨーカドーの抜け殻を流用したファッションビル。
ここは映画館とそのオマケ、といった感じ。
しかしそのオマケが大変貧相である。

空きテナントで催事をしようと思えばできそうではあるが、そんな体力はチーノにない。スーパーも無い。駐車場は高い。
VIANOVAには地下飲食街があり、三春屋は食品売場、レストラン、喫茶店、ラーメン店がある。チーノには?喫茶店しかない。6階に。気軽にふらっと立ち寄れる場所ではない。
何をどうしても代えられない「食欲」をすぐ満たす店舗がチーノにはない。
1Fのパスタ屋は消えたし、6Fの喫茶店はまさに沼館に実質移転したヨーカドーにもある。

いっそ、VIANOVAのように、コンビニを作ればいいのかも?セブン-イレブンが来れば、IYG中心街再上陸?いや、そりゃないか。

3Fの衣料品店は、無期休業?閉店?ホームページには(10/16-10/25営業)と書いてある。

7Fはかつてヤフーのオフィスがあったが、三日町の江陽閣ビルへ移転。
シャッターで閉ざされていた地下と4階ダイソーの抜け殻にニトリがやってきてからは、若干ビル内の空気が明るくなったように思う。しかしニトリは沼館に帰った。
地下は個人商店が入ったそうだが、ああいうのは目に付くところにあるから、気軽に立ち寄れるのであって、わざわざ地下に潜ってまで行く店ではない。
と思ったらいつの間にかいなくなってる。

ラピア(長崎屋)とピアドゥ(ヨーカドー)が、中心街を捨てたのには訳があるに違いない。
私はこの過去の栄光にしがみついている八戸中心街連中は現実を直視するべきと思う。抜け殻は所詮抜け殻である。

← 戻る